習慣を身につける方法

前回のブログで書いていたように、今回は習慣を身につける方法を紹介していきます。 ―参考書籍-ぼくたちは習慣で、できている。 前回のブログはこちら↓ 科学的に即効性のあるストレス解消法 まず習慣には「いい習慣」と「悪い習慣」があります。 「いい習慣」は毎日健康のために運動する、早寝早起きをする、栄養バランスのとれた食事をする、など。 逆に「悪い習慣」は暇な時間はずっとテレビやスマホをだらだら見ている、夜遅くまで起きている、ジャンクフードやお菓子を食べすぎる、などですね。 結論から言うと、 いい習慣を続けるには「ハードルを下げる」こと、悪い習慣をやめたければ「ハードルを上げること」が成功の秘訣です。 では前回のブログであった「1日20分早歩きをする」のハードルの下げ方ですが、 下げるハードルは「距離と時間」、「手順」、「心理」の3つ。 「距離と時間」 20分の早歩きをするためにわざわざスポーツジムに通っていては途中で挫折してなかなか続かないでしょう。 とにかく距離は近いところが大事、まずは家の近所を歩いたり、早歩きで通勤することから始めると続きやすい

科学的に即効性のあるストレス解消法

ストレスはよくないですよ~、うまく解消しましょうね。 なんてよく言われますが、じゃあ実際どうすればいいのさ?って思いません? 趣味に熱中できる人はいいですが、趣味がないんだよ~って人も結構いますよね。 また、いろんなストレス解消法を試したけど効いてるのかよくわかんない、って方もたくさんいると思うので、「科学的に」かつ「即効性のある」ストレス解消法を紹介します。 それは深呼吸。 思った以上にシンプルな方法ですよね? ただ呼吸を意識して行うってことは人体のストレスシステムに直接介入できる数少ない方法なんです。 人間はイライラや不安を感じると心拍数が上がります。そして全身の筋肉が緊張して、脳に酸素を送るために呼吸が荒くなります。 これは危険に対する防衛システムなので変えようがない反応なのですが、呼吸を意識して遅らせると脳が危険は去ったと思い防衛システムを解除します。 結果、心拍数も下がって体の緊張もゆるみます。 呼吸をゆっくりにするだけでこれだけの効果があるんです。 さらに、おなかの中にテニスボールくらいの風船が入っているとイメージして、鼻から息を吸い

1分でできるストレスチェック

皆さんストレスって普段から意識していますか? 常にストレスを受けている人は体が発する異常になかなか気づけなかったりします。 そこで簡単に体の異常に気付けるボディスキャンというテクニックをご紹介。 ボディスキャン その① リラックス 静かな場所で数秒だけ何もしないでリラックスします。 その➁ 頭のスキャン 自分の頭に意識を向けて「眉間に力が入っていないかな?」 「あごを強く噛みしめていないかな?」、「こめかみに痛みはないかな?」 など自分の状態をスキャンしていきます。 その③ 上半身のスキャン こんどは上半身、「肩が張ってないかな?」「胸が苦しくて呼吸が浅くなってないかな?」 「腕は力んでないかな?」など細かくスキャンしていきます。 その④ 下半身のスキャン 最後に「ふくらはぎやふとももは張ってないかな?」、「足先に力みはないかな?」 など下半身をスキャンします。 これをやることで「自分は今ストレスを感じているのか」、そして「ストレスがからだのどこに出ているのか」などが客観的にとらえることができます。 原因がわかれば対処もしやすくなります。 「スト