2020/02/10 第6回北方地域社会研究所 フォーラム『宿泊の進化から考える「まちの当事者」は誰か?』を開催しました

北方地域社会研究所では(RINC)では,2020年2月10日(月)16:30~19:00に北海道科学大学にて,第6回北方地域社会研究所フォーラム 『宿泊の進化から考える「まちの当事者」は誰か?』 を開催しました。 副所長の梶谷崇教授の司会・進行で開会,冒頭まず,研究所所長の木村尚仁教授が開会挨拶を行いました。ついで今回のフォーラムの企画・コーディネータを担当した,研究所研究員の道尾淳子講師より当フォーラムの趣旨を説明致しました。その後に全体セッションに入りました。 基調講演は2題あり,1題目は,嶋田洋平氏(株式会社らいおん建築事務所 代表取締役,一般社団法人日本まちやど協会 理事)による『宿泊施設を拠点とした地域連携の最新動向』。嶋田氏らの北九州市における実践例や「まちやど」という概念などについて約40分間お話をいただきました。 2題目は、岩佐十良氏(株式会社自遊人 代表取締役)による『メディア型ホテル「商店街HOTEL 講 大津百町」』。地方の潜在的な観光資源をどのようにプロデュースし,本物に対する体験や感動を伝えていくか,産業を創造していくか

2020/02/10 第6回北方地域社会フォーラムを開催します

※ 参加申込を延長しました。 当・北方地域社会研究所では,今年度で第6回となるフォーラムを下記の通り開催いたします。北海道の地域発展のために皆様とディスカッションを行いたいと思っております。是非多くの方々のご参加をお待ちしております。 第6回北方地域社会フォーラム 宿泊の進化から考える「まちの当事者」は誰か? テーマ: 共感・協育〜当事者になる、当事者を巻き込む〜 フォーラム概要: 北方地域社会フォーラムは、産官学の関係者のみならず、一般市民の方々も加わって、地域社会の先駆的な事例に学び、私たちが住まう北方圏の地域社会の発展に向けた議論と情報共有を行う場です。第6回のキーワードは「まちの当事者」です。 滞在型観光の視点で、あなたの日常のまちを捉えてみましょう。連泊したいほど居心地がよく、また来たいと、あなた自身が思える「価値」を見いだすことはできますか。現代の宿泊施設の中には、昨今のまちの価値を惜しむに終わらせず、多数の人々を巻き込みながら、まちの一体感と役割連携で価値創造を行おうとするチャレンジがみられます。当フォーラムでは、実践者よりそのこと

2019/11/01 2030 SDGsカードゲームワークショップを開催しました。

本日 2019/11/01(金),本学のAL(アクティブラーニング)用教室にて,公式ファシリテータの高橋雄介氏をお招きして「2030 SDGsカードゲーム」のワークショップを開催しました。今回は未来デザイン学部・人間社会学科の「フィールドワークII」の時間を使い,人間社会学科2年の受講生と,本学教員3名,事務職員4名の計17名が参加。 RINC(北方地域社会研究所)の活動と人間社会学科の授業の一環を兼ねての開催です。   まずは高橋氏の自己紹介から始まり,SDGsとは……の解説,カードゲームの概要とルール説明と続きます。 そして,いよいよゲーム開始。全体を4つの大陸,8つの国に見立て,2〜3人でひとつの国を表すチームとなりました。まずは目標やミッション,時間,お金などのカードが配られ,前半の行動タイム開始。各チーム(国)がミッション遂行を進めていきます。 前半が終了したところで中間発表。この世界は経済的にはかなり発展しましたが,環境と社会についてはか相当厳しいアンバランスな状況に。高橋さんからまずは現状の取りまとめと,後半に向けてのサジェスチョン

2019/06/29 道尾講師による北海道科学大学まちかどキャンパス「低山登山とエリア散策を楽しむ 藻岩山・円山など札幌の自然歩道の歴史と活用」を開催しました

2019年6月29日(土)14時より,紀伊国屋書店札幌本店1階インナーガーデンにおいて,当・北方地域社会研究所(RINC)研究員であるメディアデザイン学科の道尾淳子講師による,北海道科学大学まちかどキャンパス「低山登山とエリア散策を楽しむ 藻岩山・円山など札幌の自然歩道の歴史と活用」を開催。125名もの皆様にご来場頂くことができました。   第1部では「札幌の『写し巡礼』~札幌市内の低山に設けられた歩行ルートを再考する」と題した講演を行いました。「『写し巡礼』とは何か」という説明から始まり,藻岩山・円山の歴史と藻岩山三十三観音と円山八十八ヵ所の成り立ちについて歩行ルートの説明を交えながら解説しました。 第2部では「札幌の『聖地』~重層する聖地と巡礼道を地域ブランディングに生かす」と題し,『聖地』についての説明と共に4低山(藻岩山・円山・荒井山・大倉山)周辺エリアの聖地今昔について紹介しました。また3低山(藻岩山・円山・大倉山)と手稲区内の自然歩道等の利用状況調査結果報告を行いました。 最後に現在道尾講師が取り組んでいる「(仮称)○○たちの巡礼道プ

2018/11/15〜16 平成30年度上富良野町職員研修を実施しました。

2018年11月15日(木)・16日(金)の2日間,今年で3回目となる,本学と上富良野町の地域連携協定に基づく「平成30年度 職員研修」を実施しました。 本研修は,町職員の方々が自身の街や仕事について考えを深めると同時に,学生とのディスカッションやロールプレイングを通して,街の魅力,仕事の魅力を発信する力を身につけることを目的として,北方地域社会研究所がその業務を担当し,企画立案,実施しています。 1日目は,上富良野町役場職員による人間社会学科の学生を対象とした講義,人間社会学科の学生からの町役場職員の方へのグループインタビュー,坂井准教授によるレクチャー「マネジメントの分析手法」,そして大学ツアーおよび上富良野町役場職員と本学教職員の懇親会を行いました。 2日目は,濱谷教授による地域社会学としての「官民共同のまちづくり」というテーマの講義。そして最後に成果発表として,まとめ,発表準備,リハーサルを経て本研修プログラムの全体まとめプレゼンテーションを行いました。また今回初めての取り組みとして,このプレゼンテーションは本学と上富良野町役場をテレビ会