はらぺこ食堂さんのお手伝いに参加しました

令和2年1月25日に『はらぺこ食堂 2020第1弾』にお手伝いとして参加してきました。 会場は『社会福祉法人 野菊寮』さんの一部スペースをお借りしての開催でした。 今回のメニューは「はらぺこ特性お正月プレート」 ワークショップは「ふりふり!バター作り」 小さなお子さんを連れたご家族が30名程のご参加との事。 殆どの方が生クリームからのバター作りは初めてだったとお話しされていましたね。 ペットボトルに生クリームを入れひたすら振る!振る!!振る!!! 振っていると徐々に”音”がしなくなり、そこから更に頑張ると、またバシャバシャと水の”音”がして来て・・・こうなるとゴールはもう少し!!! 段々とペットボトルの中に塊ができてきてバターの完成!!!となります。 小さな子が自分で作ったバターを提供されたプレートに乗せられたジャガイモやホットケーキに乗せて美味しそうに食べる姿は可愛かったですよ? 残念だったのは、バター作りを応援するあまり、「作っている最中の写真」を撮り忘れた事ですね💦 次回のはらぺこ食堂は2月29日(土)に『ふじざくら』で開催

かたみにたすく 第6回ボードゲーム会

こんにちは ボドゲ会担当の勝間田です。 今回 第6回目になるボドゲ会は初めての試み、午後1時~午後9時までの開催をさせて頂きました。そのなかで小さな来場者もあり16名の参加がありました。 長い時間を用意したこともありクリアするのにプレイ時間の長いゲームを・・・と箱を開け準備していると「こんにちは~」と小さなお子さんを連れた家族が御来場!! 「ウボンゴ」や「レシピ」で遊んでもらっていると更に大勢の小さな団体さんとそのお母様達が来てくださいました。TwiPlaと呼ばれるネットのサイトに情報を載せていたのですがその記事を見て下さっていての御来訪だったそうです。 その場の雰囲気やプレイできるゲームの種類などを見学してくださり、せっかくなので「キャプテン・リノ」を5歳と4歳のお子さんと倒れる緊張感を共有。「おもしろかった~」とお母様に抱き着く姿を見る事ができました。 その後「カタン+拡張『都市と騎士』」、改めて「ウボンゴ」「それはオレの牧場だ」「マジェスティ」をプレイしてタイムアップ。 ボードゲームには色んなジャンルがありますので、「気軽に遊べるレベル」で

「御殿場市交流センターふじざくら」にてボードゲーム会

9月14日(土)の御殿場市交流センターふじざくらさんにてボードゲーム会を開催しました。 第4回目になるボードゲーム会は総勢5名の参加者の皆さんと遊びました。 その中には9/11にも参加してくださった方もいらっしゃいました。感謝😆✋ 「ニムト」で頭を悩まし、「speed caps」でベルをチーンと鳴らし、「キャプテン・リノ」では13階にもなってしまった高層ビルの構築に息を止め、戦々恐々としながらそれぞれのゲームで一喜一憂しました。 その後、2卓に分かれ「チケット トゥ ライド」「アズール」をプレイ。どちらも中量級のゲームで箱に入っているコマやカードなどの「コンポーネント」が増え、またその分「ルールや自分の番でやれる事や考える事」が増えていきます。 それでも終わった後に皆さん「楽しかった」「あの時〜で、あれは失敗だった」と興奮しながら考察を話して帰って行きました。 まだまだ色々な種類のゲームがありますから、もっといっぱいみなさんと楽しめたらと思います。 本日はありがとうございました。 ☆ごめんなさい 写真ですが「キャプテン・リノ」しか撮ってなかった

第二回子供の発達相談会

当団体メンバー、佐藤はり灸治療院院長佐藤友治先生が行う 「子どもの発達相談会」第二回が終わりました。 私こと森崎 有紀は娘を連れて初めて伺ったのですが、二回目にして10人の子とその親御さんが来場し中々の盛況ぶり。 印象としては、情報過多な昨今安心材料よりも不安材料の方が多い中ネットを調べれば調べるほど不安ばかりがあおられる核家族の子育て事情の中で 「寝すぎても寝なくても不安」 「食べ過ぎても、食欲が無くても不安」 「転んでも不安、急に走り出しても不安、じっとして動かなくても不安」 「お尻の青あざが多すぎないか?」や「左手を絶対使わない」等 職員には聞けないけど、ネットで調べると病気に直結させられるそんな悩みを直接プロに聞ける場所となりえたのではないかなと思いました。 まだまだ、二回目ですが少しずつ工夫をしていって定着した企画になっていったらいいなと思います。 また、当団体「かたみにたすく駿河」では地域のちょっとした問題や手が届かないこんなこと、聞くに聞けない疑問や不安を解消できるボランティア団体にできたらいいと思っております。 森崎総合療術院 院