🍀🍀🍀インディバと漢方で美髪のケアしませんか!

初秋を迎えると、残暑も落ち着き過ごしやすい気候に。ようやく体はラクになりますが、この時期は夏の疲れや紫外線ダメージなどが影響し、髪のトラブルが目立つことも。 イキイキとした髪を育てるためには、ヘアケアはもちろん、頭皮や体の健康を保つことも大切です。抜け毛が増えた、髪に元気がない…。そんなヘアトラブルが気になる人は、この機会にしっかりケアをして、健やか美髪をキープしましょう。 ✳️知っておくべき「髪」と「抜け毛」の基本 抜け毛の悩みは、女性にとっても男性にとっても深刻なもの。とはいえ、髪は自然に“抜けて生える”を繰り返しているので、必要以上に心配することはありません。まずはヘアサイクルや抜け毛の要因を知り、自分の髪の状態を見直すことから始めましょう。 (1)ヘアサイクルを知る 髪は、新しい髪が育つ「成長期(2〜5年)」、成長が止まる「退行期(2〜3週間)」を経て、「休止期(数ヶ月)」に入ります。休止期に入ると、新たに成長を始めた髪に押し出されるように、古い髪が抜け落ちます。この周期を「ヘアサイクル」と言います。 ヘアサイクルは1本ずつ異なるため、一

体の中から潤い美人!カサカサお肌にオススメ『白くらげの薬膳美肌鍋』

白木耳は肺の働きを高め肌に潤いを与えます。白木耳  平性/甘味 美肌、空咳の改善 白木耳は楊貴妃が美しさを維持するために食べていたと言われるキロこの一種です。白木耳特有の性分「シロキクラゲ多糖体」が含まれることから、ヒアルロン酸が凌ぐ保水力があると言われています。継続して食べると、肌の乾燥、シワ、タルミの予防・改善が期待出来ます。また、その潤い作用は、喉の渇き、空咳、便秘にも効果的です。 白木耳の薬膳美肌鍋 レシピ 秋が深まると、空気の乾燥が強くなり日に日に寒さが増やして行きます。肌の乾燥やしわ・タルミがきになるこの季節は、皮膚や皮膚の粘膜と関連の深い「肺」を潤し、肺の機能を高めるが大切です。今回は、肺や身体に潤いを与える白木耳、ホタテ、レンコンに加え、血液を補う人参やしめじ、肌を潤し血液を巡らせる水菜を加えました。潤いを与える食材には、身体を冷やす食材が多いので、体を温める作用のある生姜でバランスをとっています。 ホタテは体に潤いを与え、「腎」の働きを高めて老化を防ぎ、疲労回復のも良い食材です。同じく体に潤いを与え、「腎」「気」(エレルギー)、