検索

どんぐり診察室より みきちゃん先生のつぶやき

2020.2.10   No.3 生後3か月のBちゃんは、色白の女の子です。最近、お顔に ぶつぶつが沢山出始めたとのことで、受診されました。 診察時にお母さんが「私がお鍋で野菜を沢山食べた時には、Bちゃんの肌の調子がよく、から揚げなど油っぽいものを食べた時には、ぶつぶつが沢山出来てる気がする・・・」とおっしゃいました。そうです!お母さんは、いいことに気が付きました! 「お母さんの食べたものが、血となり肉となり、母乳になるのです。油っぽいものや、スナック菓子、甘いお菓子ばかりを食べた母乳は油分が多く、甘みの少ない母乳になります。 和食中心で、ごはん、お味噌汁、焼き魚などを食べると、油分も少なく甘い母乳が出ますよ。」 と伝えると、「今度から、和食にします!」とおっしゃって帰られました。 育児中は本当に忙しく、トイレに行くのもままならない、ましてや自分のためだけに昼食を作るなんてありえない、昼は菓子パンになりがちですよね・・。 でも、ほんのちょっとの気づきで、改善できます。昔の人の知恵はかなり正しく、 「貝汁、具沢山のお味噌汁、青野菜のおひたし、」など

どんぐり診察室より、みきちゃん先生のつぶやき

No2 (2020.1.25) ある日のこと、ご夫婦がかわいい女の子の赤ちゃんの受診に来られました。 お父さんが赤ちゃんを抱っこして、私が「はい、お口あーんしてねー」と診察を始めると、お父さんが「Aちゃんお口あーん、Aちゃんのお口は小さくて可愛いねー。」 とAちゃんに話しかけ、私が「はい、次はお耳ねー」というと、 お父さんは「Aちゃんのお耳は小さいね。なんて小さくて可愛いんだろう!」と本当に愛おしそうにAちゃんのお耳を撫でながら話しかけていました。 なんと素直にわが子の可愛さを口に出して表現できるのだろう・・・と、 それをみて、隣の席のお母さんも、私たちも診察室中がみんな笑顔で幸せな気分になりま した。 最近、オキシトシンというホルモンのことが話題になりテレビでも報じられています。 オキシトシンは、脳から分泌されるホルモンの一つですが、幸せホルモンともいわれ、 親子のスキンシップはもちろんのこと、ペットと触れ合う、何かに感動する、友達と楽し く食事をするなどでも分泌が促進され、それによって精神が安定し、ストレスにも強くな ります。 まさにこの時、