天使、次元間存在、次元外存在の召喚

告白ー 私は数え切れないほど多くの天使存在や次元外の存在たちと出会ってきました。これは、1980年代にアトランタに住んでいた時、リー先生との出会いから始まりました。先生はとても印象的な人で、殆どの社会的なフィルターや感情的な制約に捉われていませんでした。先生は次の瞬間どんな行動にでるのか、予測がつきませんでした。先生は私に、隣接している次元現実の知識を教えてくれました。当時先生が一緒にいたパートナーは、私がこのような人間の現実の「他の」側面とつながる必要性を理解するのを更に助けてくれました。これから書くことは、私たちのマインドが現実をどのように展開し創っていくかについての大いなる叡智を私が知るにつれて理解したことです。この中には召喚があり、真摯さを持って実践すればあなたの道をきっと変えるでしょう。つまり、自主独立を得られるでしょう。 次元間存在または次元外の知能(次元内および多次元)は、私たちの次元を超えた次元に存在するエンティティ、もしくはそこから生じるエンティティです。このような存在は、一般的には理論物理学、UFO研究や未確認空中現象の出来事

臆せずに真実を語る

人間の声は何百万年もの時を経て発達したツール(手段)です。私たちは声を様々なことに使います。例えば危険を知らせるため、身体の欲求を伝えるため、考えや感情を表現するため、期待や夢をほのめかすため、楽しませるため、自然を真似たり、人生で経験することや観察することを報告して知識を共有するために声を使います。又、私たちは不快感や不安、衝突や対立を避けようとして、自分たちにとって都合の良い状況に持っていくために人を欺くツールとして声を使うこともあります。 地球上のあらゆる生命体を支えているエネルギーは物質的ではなく、多次元的なものです。それは液体のようにすべてのものに浸透します。古い東洋の書物には「プラナ」、あるいは「気」と記されています。歴史の流れの中で探求されつづけてきた「気」は人間を取り巻く全てを網羅しています。 それは知覚能力のある生命体の内側を流れ、無生物の周りを流れています。人体においては皮膚、筋肉、結合組織、臓器、骨等、全ての組織の中に存在します。さらに、「気」は身体の機能を有意味に活性化させる人間の意識(アウェアネス)が神経を通るための媒体