一族にひとりセラピスト計画 “ホームケアって家族、親族の絆深める“

こんにちは。(^O^)ぐるーみん講師ともりんです。 「ぐるーみん推し」で生きておりますワタクシ。 もとは他力本願でした。 自分が肩こり、腰痛ある時は、鍼灸やら整形外科でけん引したり、赤外線当ててもらったり。 そののち、自力で体のケアができない子供の不調に気づき、プロにゆだねるも障害特性のため挫折。(T 0T) 重い腰を上げ学んだのは、プロとしてのリンパケアが先でした。 が、、 が、、、、 資格を取とっても取っても、肝心の我が子は、なっかなか思うように体をさわらせてくれませんでした。 そんなこんなで悩んでいたら、友人のはーにゃが「ぐるーみん」を考案してくれました。 そこからも、一筋縄ではいかず時間はかかったけれど、彼はぐるーみんの施術なら受けられるようになりました。 時がたち、他の整体手技もホイホイ受けられるようになり、コミュニケーションの取りづらい子ですが、今や要求もしてくるように。 それだけでも、十分なのですが、思わぬおまけがいろいろ。 ホームケアって、家族、親族の絆を深めます!何年かぐるーみんをやってきての実感。 私事ながら、帰省の度に親族を