血糖値を下げて健康な毎日!

年齢とともに、毎年の健康診断で血糖値が上がり、糖尿病を心配されている方もおられるかと思います。気付かぬうちに病気が進行し、いつのまにか手遅れになってしまうサイレントキラー(沈黙の殺人者)と呼ばれる糖尿病は、近年激増しているということです。血糖値を下げて、健康な毎日を送りたいものです。対策も含め詳しく調べてみましょう。 糖尿病の原因 糖尿病とは、血糖値が高い状態が続く病気です。血液にはブドウ糖が含まれていて、体中の細胞のエネルギーとして使われています。 食事でとった栄養は腸でブドウ糖として吸収され、血液を通って運ばれ、筋肉や脳でエネルギーとして使われます。余ったブドウ糖は、肝臓や筋肉・脂肪組織に蓄えられます。 血糖とは血液中のブドウ糖のことで、血糖値とは血液に含まれているブドウ糖の濃度のことです。ブドウ糖は体にとって大切な成分なので、体の中では血糖値を一定に保つような仕組みが働いています。その重要な役割の大部分を担っているのが、インスリンというホルモンです。 糖尿病になると、インスリンが不足したり、うまく作用しなくなってしまい、血糖値が高い状態が続

高麗人参の健康効果で健やかな毎日を!

高麗人参が疲労回復、精力増強にきくということは聞いたことがあるかと思います。その他にも実にさまざまな健康効果が期待できます。詳しく調べてみました。 高麗人参とは オタネニンジンというウコギ科の植物の根っこを乾燥させたもの。高麗人参は「朝鮮人参」や「人蔘」とも呼ばれていますが、野菜のニンジンとは全く別の品種です。 栄養について 高麗人参には「活力向上」「美容効果」「リフレッシュする効果」のあるサポニン(ジンセノサイド)が含まれていることは有名ですが、産地によってサポニンの種類や含有量が大きく異なります。加工方法によってもこのサポニン含有量が異なります。最もサポニンを多く含むのが「紅参」です。「紅参」には、サポニンとサポニン以外のカルシウムや鉄分、カリウム、亜鉛、アミノ酸、ビタミンB群などの100種類以上の有効成分が豊富に含まれており、相乗作用を発揮してくれます。 選び方 1.韓国産を選ぶ 高麗人参の種類はひとつではありません。高句麗(朝鮮半島)産の人参が高麗人参と呼ばれていましたが、現在では学名としても使われ、韓国半島、中国、日本、アメリカ、カナダ

樹液シート効果で朝すっきり!

樹液シートって聞いたことがありますか。100均やドラッグストアで見かけたことがあるかもしれません。脚のむくみ解消、足の疲れや痛みなどに効果がある由。もう少し詳しく見てみましょう。 樹液シートとは 樹液シートとは、足裏の汗を吸収する樹木粉末入りのシートのこと。 樹木粉末の原料は、木酢やドクダミ、ユーカリ、ヨモギエキスといった植物類が中心。足裏から排出される水分を吸収することで発熱して、睡眠中に血流と代謝を促進しようというもの。 「樹液シート」はこう使う! ①「樹液シート」を付属の固定用粘着シートに貼り付けます。 ② あとは、寝る前に疲れやむくみが気になる足裏にぴたっと貼るだけ。 貼った直後から、足裏がじわっと温まり心地よくなります。じんわり温まりますが、ホッカイロのように熱々になるわけではありません。 固定用粘着テープだけだと剥がれそうと思う場合は、ソックスを上から履いて寝るのが良いと思います。温め効果もよりアップしますので、靴下やむくみソックスとの合わせ遣いがおススメ。 <使用後の樹液シート> 樹液シートの効果 ・足の疲れ解消 ・脚のむくみ解消

玄米、発芽玄米の効果で健康生活!

収穫されたお米は、調理の手間を省き、食べやすくするために、加工された上で出荷されます。この加工の度合いによって、お米の呼び方が変わるとともに、栄養価や食感なども変化します。 もっとも加工が少ないのが玄米。籾殻だけを取り除いた状態です。さらに加工する場合は、玄米の表面から胚芽や糠層の部分を削り取る「精米」という工程を経ます。この精米の際に削り取る割合を変えることで、発芽玄米、胚芽米、白米が作られます。玄米、発芽玄米の 健康効果を生かした食生活を送りたいものです。 白米 胚芽や糠層の部分まで、きれいに取り除いたお米です。胚乳のみを残した状態なので、最もやわらかく炊きあがりますが、その分栄養価は低くなります。 炭水化物であるデンプンが主成分で、重量の約90%を占めています。 玄米 収穫した稲の籾から、籾殻だけを取り除いた状態のお米。精米されていないため、栄養素を豊富に含む糠層や胚芽の部分がそのまま残っています。 最近は「玄米モード」を備えた炊飯器が普及し、調理時の手間も簡単になりました。 1.食物繊維が多い 玄米の糠層には、食物繊維が豊富に含まれていて

生姜の効果で冷え性対策と健康生活!

漢方にも用いられるなど健康食品として知られる生姜。冷え性対策に良いと聞いたことがあるかもしれません。冷え性だけでなく、さまざまな健康効果があります。 生姜に含まれる成分と効能 生姜の代表的成分はジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロン、精油成分の4つです。 それぞれの効果・効能を見てみましょう。 ① ジンゲロール: ・ジンゲロールは生の生姜に多く含まれている辛味成分です。ジンゲロールは、免疫細胞を活性化、殺菌作用、胆汁分泌の促進、抗炎症作用、吐き気・頭痛を抑える作用、老化を防ぐなどの効能があります。 ・ジンゲロールは酸化しやすい成分で、空気に触れて約3分後には消滅してしまいます。また加熱や乾燥をすることで別の成分に変わってしまいます。ジンゲロールを摂取したい場合は食べる直前にすり下ろす方法が効果的です。 ② ジンゲロン ・ジンゲロールは加熱や乾燥することで別の成分が生成されます。そのひとつがジンゲロンという成分です。 ・ジンゲロンは、血行を促進する効果や血圧を安定化、新陳代謝の向上、脂肪の燃焼を促進、発汗作用などの効果・効能があり、ダイエットや成

食物繊維で毎日健康に!

現代人に不足していると言われる食物繊維。毎日の食事を工夫することで食物繊維の不足を補い、健康な日々をおくりたいものです。 食物繊維とは 食物繊維は「人の消化酵素で消化されない食物中の難消化性成分の総体」と定義されています。 たんぱく質・脂質・炭水化物などは、消化管の中で消化酵素によって分解(消化)され、小腸から体の中に吸収されていきますが、食物繊維はこの消化酵素の作用を受けずに小腸を通過して、大腸まで達する成分です。 水に溶けないセルロースやリグニン、水に溶けるペクチンやアルギン酸などの成分があります。さらに消化されにくい性質を持ったデンプン・デキストリン・オリゴ糖などの成分も含まれます。 食物繊維の多くは、単糖がたくさん結合した多糖類の仲間ですが、消化されないため、エネルギー源にはなりません。便の体積を増やす材料となるとともに、大腸内の環境を改善する腸内細菌に利用され、これらの菌を増やすことが明らかとなっています。 食物繊維の種類 水溶性と不溶性の食物繊維があります。 水溶性食物繊維:野菜やきのこ類、豆類などに多く含まれています。果物や野菜に含

ナットウキナーゼで血栓予防!

納豆は日本の伝統的な発酵食品。納豆、そのねばねば部分に含まれるナットウキナーゼにはさまざまは働きがありますが、特に血栓予防に有効。40代以上の方、ストレスの多い方、血圧が高めの方、高脂血症や糖尿病などで血液粘性の高い方等には、特に定期的な摂取がおススメです。 血栓とは 血栓とは、血管が傷ついた場合などに出来る血液中の血の塊のことです。健康な状態であれば、血栓は自然に溶けてなくなりますが、血栓ができたままの状態になってしまうと血の流れが悪くなり、脳梗塞や心筋梗塞といった恐ろしい病気の原因の一つとなりうる危険があります。 血液をサラサラにする食生活が推奨されているのは、ドロドロの血液が血管を傷つけ、血栓をできやすくするためです。 納豆は、煮大豆を納豆菌が発酵させることでできる食品ですが、この発酵過程でナットウキナーゼをはじめとする多様な栄養素が生成されます。納豆のネバネバ部分に含まれるのがタンパク質分解酵素であるナットウキナーゼです。血栓を溶かし、分解しやすくするはたらきがあります。 ナットウキナーゼのはたらき ナットウキナーゼには、血栓の主成分であ

乳酸菌で健康な毎日を!

さまざまな良い働きを持つ乳酸菌。乳酸菌を続けてとることで、健康な毎日を送りたいものです。 乳酸菌とは 乳酸菌とは生育に必要なエネルギーを得るためにブドウ糖や乳糖など糖類(炭水化物)を分解して乳酸を作り出す細菌の総称です。 自然界にはたくさんの細菌(目に見えない小さな単細胞の生物)がいます。空気中にも、海中にも、私たちの手や体内など、あらゆるところで生きています。細菌の中には、いろいろな働きをするものがあります。その中でも、ヨーグルトなどを作る「乳酸菌」は、ヒトにとって最も身近で有用な働きをする細菌です。 数多くの種類が知られていて、菌によって棲んでいるところが違います。ヒトの体内に棲んでいるのは、各種のビフィズス菌、アシドフィルス菌で、これらは有能な働きをするため「善玉菌」といわれています。 乳酸菌が糖から乳酸を作ることを「乳酸発酵」といいます。乳酸菌は、乳酸発酵によってヨーグルトをはじめとする発酵食品を作りますが、食品によって使われる乳酸菌の種類が決まっています。この乳酸発酵により作られたヨーグルトにはいくつかの長所があります。 まず、乳酸菌に

すっぽんと黒酢で美容と健康を!

すっぽんと黒酢は、美容・滋養強壮に効果があると言われます。そのすっぽんと黒酢のサプリの具体的な効果と選び方をまとめてみました。 すっぽんサプリの健康効果 古代より中国では、すっぽんは滋養強壮に効果があるといわれ、日本でもこの効果に注目され、薬膳や薬としても活用されてきました。最近では活力増強以外にも、ダイエットや美容効果などで人気を呼んでいます。 美容効果 ・お肌のハリに コラーゲン配合 すっぽんには天然のコラーゲンが含まれています。コラーゲンは肌のハリや弾力維持に欠かせません。動物性コラーゲンは吸収があまりよくなく、反対に海洋性コラーゲンは熱に弱く、効果が落ちやすいという特徴があります。しかし、すっぽんに含まれるコラーゲンは熱に強く、体内に吸収しやすいという特徴があります。そのため、すっぽんサプリで摂取したコラーゲンは体内にとり込みやすく、肌にハリや潤いをもたらしてくれます。 コラーゲンの吸収を促進するのはビタミンC。ビタミンCは美白作用のほか、体内でのコラーゲンの生成を促進する効果があるため、一緒に摂取することをススメします。 ・豊富なアミノ

食物酵素で体内酵素を補い健康とダイエット!

ファストフードやカップ麺といったジャンクフードを摂取する機会が多くなったり、夜食を食べたりする人も多いのではないでしょうか。そうした生活を送っていると、どうしても消化酵素が多く使われていきます。酵素は、消化酵素から優先的に消費されるため、消費にばかり酵素が使われてしまい、代謝に使える酵素が足りなくなり、痩せにくい体質になります。そこで、食物酵素を補うことで、体内の代謝酵素を増やし、健康とダイエットを実現したいものです。 酵素の効果 人間のカラダの中で使われる代謝酵素・消化酵素はタンパク質である「アミノ酸」から作られ、人間のカラダの中でしか作ることができません。 食べ物の酵素や酵素ドリンクが、体内の代謝酵素や消化酵素として使わるとよく誤解されますが、そうではありません。食べ物の酵素である「食物酵素」は、食べ物自身の消化吸収を助ける力がありますので、食物酵素を補うことにより、限りがある体内の消化酵素が節約できて、結果的に代謝酵素として使える量が増えることになるのです。 代謝に使える酵素が不足していると下記のようなデメリットがあります。 ●基礎代謝が落

納豆ヨーグルトで腸内環境を整えお手軽ダイエット

納豆もヨーグルトも代表的な発酵食材。どちらも栄養素が豊富で、ダイエット効果もあることが知られています。納豆にヨーグルトを加えることで、相乗効果を発揮。健康にもダイエットにもその効果が期待できるという。どちらもスーパーで簡単に手に入り、作るのも  簡単。是非試してみてください。 納豆ヨーグルトの作り方 納豆ヨーグルトダイエットは、毎日納豆にヨーグルトを混ぜて食べるだけ。至って簡単なものです。一緒に食べることに抵抗を感じる場合、納豆ご飯の前後にヨーグルトを食べる方法でもかまいません。 ただ、納豆もヨーグルトも高熱には強くないので、熱々のご飯にのせるのは避けましょう。特に納豆に含まれるナットウキナーゼやビタミンB群は熱に弱く、熱いご飯の上にのせてしまうと肝心な有効成分が破壊されてしまう恐れがあります。 毎日続けるために バリエーションを工夫すると飽きずに続けやすくなります。 玉ねぎを加える ① 無糖ヨーグルト(200g)にスライスした玉ねぎ(2分の1個)、塩(小さじ2分の1)を加えて混ぜ合わせる。 ②1日最低50g(スプーン2杯)の①の玉ねぎヨーグルト

コーヒーに牛乳を入れてもダイエット効果はありますか?

コーヒーに含まれるカフェインには脂肪燃焼、代謝アップの効果があり、またポリフェノールの一種のクロロゲン酸の脂肪燃焼効果によって、コーヒーにはダイエット効果があります。 しかし、コーヒ―に牛乳や砂糖を加えると、カロリー数が増えて、せっかくのダイエット効果が中和されて、なくなってしまうのではと思う人も多いのではないでしょうか。詳しく調べてみたいと思います。 コーヒーのダイエット効果(+さまざまなプラスの効果)については、こちらの記事をご覧ください。 牛乳とコーヒー コーヒー一杯は大体150mlで、カロリー数は4~6kcalですので、ブラック・コーヒーの場合のカロリー数は無視できると言えます。 一方で、コーヒーに含まれるカフェインは、胃液の分泌を促す働きがあり、胃が弱っている時は分泌された胃液に含まれる胃酸によって胃が荒れてしまうことがあります。牛乳など脂肪分あるものをいえっると胃の粘膜を守ってくれる効果があり、胃が荒れることを防止してくれます。 牛乳のカロリー数 牛乳にもさまざまな種類があります。牛乳50ml当たりのカロリー数を比べてみると、次のよう

コーヒーは夜飲んでもダイエット効果はあるのでしょうか?

夕食後のコーヒー。レストランで食事をした時の定番ではあります。しかし、それでもダイエット効果はあるのでしょうか。 夜ブラックコーヒーを飲んでも、いつも通りぐっすり寝られる(鈍感な?)人もいれば、 カフェインに敏感に反応して眠れなくなる人もいます。カフェインに対する耐性は個人差があるようです。しかし、飲み方やコーヒーの種類を工夫すれば、カフェインに敏感な人が 夜コーヒーを飲んでも熟睡でき、ダイエット効果も期待できます。 夜のコーヒーにダイエット効果はあるのでしょうか? コーヒーに含まれるカフェインには「脂肪燃焼作用」や「代謝アップ作用」というダイエットにはとっても嬉しい効果があります。 しかし、このカフェインには眠気を吹き飛ばす「覚醒作用」もあるのです。ドライブの最中やテスト前の夜などお世話になった場面も多いこの「覚醒作用」ですが、日常生活の夜に 覚醒作用が働いては寝付きを悪くして睡眠不足を引き起こし、長期的な生活リズムの乱れにつながります。この睡眠不足や生活リズムの乱れがダイエットには天敵なのです。 「平均睡眠時間が7~9時間の人に比べ、4時間以

おからパウダーをコーヒーに加えるだけの超簡単ダイエット!

ダイエットは継続が大事、とは分かっていてもなかなか続けることはできないのも現実。 数あるダイエット法でも、超簡単と言えるのがおからパウダーをコーヒーに入れて飲むだけという「おからコーヒー」。コーヒーを飲む習慣のある人は多いと思いますので、手軽に 続けられるダイエットとして、試してみてはいかがでしょうか。 「おからコーヒー」の作り方 材料: 1.インスタントコーヒーの粉(小さじ2/1程度・濃さはお好みで) 2.おからパウダー(小さじ1) 3.お湯(適量) おからパウダーとインスタントコーヒーの粉をカップに入れて、お湯を注ぎ、よく混ぜて溶かすだけ。 ・ドリップ式のレギュラーコーヒーにおからパウダーを加えても良いです。 ・ポイントは、砂糖などの糖分を一切加えないことです。 ・お湯で溶けずにカップの底に残ったおからパウダーは、そのまま食べてもOK. ・舌触りが気になる人は、なるべく目の細かい微細粒のおからパウダーを選ぶようにすると良いです。 おからコーヒーの効果 おからコーヒーダイエットを考案したのは、福岡県みやま市の工藤内科の副院長工藤孝文さん。 太る