仕事を辞め海外留学へ帯同した妻が海外生活を楽しむポイントin Singapore

①情報提供:KKさん ②情報時期:2019 ③留学先 :シンガポール ④家族構成:共働き+同居、配偶者および子供と同居 ⑤課題分類:配偶者: 配偶者のキャリアプラン or 配偶者の語学の問題 ⑥解決策 :シンガポール関連ブログ等の参照、SNSの活用、在星日本人家族からの情報提供 ⑦リンク : ⑧エピソード: 1.米国へ留学 著者は、元々研究者(大学)として米国テネシー州ナッシュビルにあるバンダービルト大学に留学していましたが、妻(研究者・企業)は、日本で仕事を継続するために帯同せず、単身赴任による留学でした。 2.シンガポールへ留学 著者の留学先の研究室が、米国からシンガポールへ引っ越すタイミングと、妊娠・出産のタイミングが重なり、妻は日本で仕事を辞める決意をし、生まれた子供を連れてシンガポールへ帯同することとなりました。 (妻が渡星を決意したポイント) 1)在星日本人家族のブログなどの情報、FacebookやインスタグラムなどのSNSを活用し、海外へ行く前から現地の生活情報を気軽に入手し、シンガポールで妻が働ける環境であること、子供を安心して保

保育園や小学校に関する情報、どうやって調べる?

①情報提供:SNさん ②情報時期:2015年頃 ③留学先 :アメリカ・ベセスダ ④家族構成:共働きで同居 ⑤課題分類:子ども - 出産・乳幼児育児全般 or 子供の教育 or 予防接種・子供の医療 ⑥解決策 :現地の同年代の子どもを持つ家族からの情報 ⑦リンク :特になし ⑧エピソード: 子供を連れて留学する際に心配なことの一つに教育環境があるのではないだろうか。保育園であれば、保育料はもちろん、何時から何時までの預かりなのか、食事はでるのか、waiting listがあるのか、日本人はどのくらいるのか、どのような教育方針なのか、小学校であれば、その学校のレベル、先生たちは英語を話せない子供の教育に慣れているか、日本人はどのくらいいるのか、放課後の学童保育はあるのか、など事前に知りたい情報は山ほどある。留学が決まった当初、我が家はまずwebでこういった情報を得ようと試みたが、なかなか知りたい情報が見つけられず、途方に暮れた。 そこで、現地で実際に同年代の子供を連れて留学している研究者家族を知人から紹介していただき、知りたかった情報を事前に入手する

現地コミュニティーにコンタクト

①情報提供:NKさん ②情報時期:2017年頃 ③留学先 :カナダ・トロント ④家族構成:既婚で配偶者は専業主婦/主夫 ⑤課題分類:家族全体 - 健康・医療 or ビザ・保険等手続き or 引越・移転 ⑥解決策 :トロントパーティ(トロント研究者コミュニティー) ⑦リンク :特になし ⑧エピソード: 私が研究留学で初めてトロントの地に着いたとき、すでにダウンジャケットが必要なくらい寒くなっていました。住所も無い、銀行口座も無い、知り合いも無い状態で、あるのは就労ビザのみ。家族は遅れてカナダに来る予定だったので、寒空の下、ひとりでとても心細かったことを思い出します。 こんな状態から始まった留学ですが、約1週間のあいだに無事に住所を得て、銀行口座を開設し、知り合いもたくさんできました。そして2年経った今では、完全アウェーのトロントで、あたかもホーム(日本)であるような生活を営み、研究で自分の最大限のパフォーマンスを発揮するための数々の裏技を身に着けることができました。 すべてを実現した最大のポイントは、ズバリ! “現地の日本人研究者コミュニティに連絡