【New Release】弊社CEO西川、COO高橋ら共著『AIを監査する』2020年2月5日(水)より電子書籍(日本語版・英語版)で販売開始

昨年度刊行されました『シンギュラリティ時代の監査』に続き、弊社CEO西川やCOO高橋、武田薬品工業株式会社グループ内部監査部門 テクノロジー&アシュアランス エンリッチメント ヘッドである五十木浩之氏ら有識者による共書『AIを監査する』(日本語版・英語版)が、2020年2月5日(水)より電子出版*にて販売開始となりました。


内容紹介(Amazonより抜粋)

==

過去数年にわたり、AIはコンピューターラボ内での開発技術から、多くの業界のビジネスプロセスで使用される運用ツールにまで改善されました。今ではAIは市場動向の分析、支払いの不正行為の検出、財務データのパターンの特定、また、誤用の可能性があるケースをログから検出することなどに活用され、職場の不可欠な部分になり、ビジネスのやり方の効率を改善しました。

ただし、職場でのAIの活用の増加に伴い、AI要素を含むビジネスプロセスの保証を提供する際に監査人が対処しなければならない新しいリスクが生まれています。

この本は、監査人がリスクがAIのどこにあるのか、どのようなコントロールが期待されるのか、コントロール評価のためにどのような考慮事項が必要なのかを理解するのに役立つことを意図しています。ご協力頂きましたスタッフの方々には、この場を借りて感謝いたします。

では、始めましょう!

==


*Amazonにてご購入頂けます(https://www.amazon.co.jp/dp/B084GPWQ3Q)。


プレスリリースはこちらのサイトよりダウンロード頂けます。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000039599.html

44 views