問題を解決すると言うこと

吉田です。

 

ジョイワークスは、組織の変革を通じて人の成長を支援している企業です。

 

私たちは、どこまでもその「変革」の渦中にいるということにこだわって仕事をしています。

 

私たちがそうしている理由を、こんな素敵な名言集の中に見つけたので、今日はそのご紹介です。

 

「成功者ではなく、価値ある人間を目指すべき」アインシュタイン、20の教え。

https://tabi-labo.com/284001/quotes-albert-einstein

 

上述のページには、アインシュタインの20の名言が書かれています。

 

どれも心震える内容ですが、9番にこんな言葉が載っています。

 

問題は、抱えた時と同じ考え方でいる限り、解決しない。

 

おー!何と素敵な!!

まさにその通りです。

 

そして、考え方が変わると、目の前の物事が異なって見えて来ます。

これこそ、人の成長であり、組織の成長であると、私たちは考えているのです。

 

しかし、正直に言えば、考え方を変えると言うことは、たやすいことではありません。

 

様々な現象の繋がりを丁寧に見つめ直し、考え方のロジックを問い直す。

もしかして、この考え方は違っているかもしれない・・と認めることは、ある種、怖いことでもあるでしょう。

 

だからこそ、自分の感情の動きを捉える力や、恐れを乗り越えることが必要になります。

成長とは、いつもいつも、”痛み” を伴うものなのだなぁ・・と、自分を省みても感じるところです。

 

実は、問題があると言うこと自体は、それほど大きな障害ではないことが多いものです。しかし、同じ捉え方のまま、その問題が解決することがいつか叶うのではないかと、無意識にも信じてしまうこと・・・これが問題解決を厄介にします。

 

解決しない問題は、私たちの捉え方を変えることが難しいので、なかなか解決しないのです。

 

私たちは、簡単には解決できない問題に向き合う人たちを、本当に心から尊敬します。それは、自己と向き合うと言う、とても大きな勇気を必要とするからです。ここで言う勇気とは、「強くある」「正しくいる」と言うこととは、全く違う勇気です。

 

ああ、違っていた・・と、これまでの主張、これまでの自分のあり方を、等身大でオープンにできると言う、とても大きな勇気が必要だったり、等身大でオープンな自分でいることに恐れを感じていることすら隠さないような、そんな本物の勇気が必要だったりするのです。

 

さて・・そう言う私も、ちゃんと向き合わなければならない問題があるよなぁ・・と。

勇気を蓄えるために、週末は、美味しいものでもゆっくり味わって、自分を整えようかな。(違う・・笑)