• 加藤千奈

日本画制作過程:イメージ図

最終更新: 2018年11月4日

スケッチ取材を終え、しばらく自分の中でモチーフを理解する時間が必要です。日本画の作品では写実的に描くわけではないので、ゆっくり時間をかけて自分の中に何が残るのかが重要です。モチーフの発酵期間とも言えるかもしれません。

 

 

作品制作のイメージ図を作る際に「あのモチーフにトライしてみよう。」と思い、発酵されたモチーフの中から選別して、絵に登場させます。

犬の横顔&ドット柄を絵にしたいなと思い、画面のサイズ、縦構図なのか横構図なのか考えます。構成ができてきたら、どんな背景色にするかなどを考えます。

 

 

 

この時は黒か赤か悩みましたが、赤背景はあまり描いていなかったので赤で行くことに決めました。また最後に顔を左向きに変えました。

 

#日本画 #japanesepainting #katochina #加藤千奈 #art #犬 #グレートデン #戌年

13回の閲覧