Search
  • jalrugby

第6節 ライオン戦

 

 

 

 

Top East Div2 第6節 VS ライオン 2017年11月26日 ライオン千葉工場グラウンド

 

<得点・結果> 前半: 0(0T/0G/0PG)- 22 (3T/2G/1PG) 後半: 14(2T/2G/0PG)- 33 (5T/4G/0PG) 合計: 14-55 <メンバー> 1.居原 裕一郎  9.大澤 勇気 2.木田 大雅   10.世古 陽泉 3.中山 陽介   11.井上 拓 4.塚田 友郎   12.久富 悠介 5.荒木 直文   13.大山 裕之 6.本多 敬佑   14.露木 健也 7.市川 理貴 15.吉本 高寛 8.柴崎 涼平 16.宮地 伸也   20.安藤 洋功 17.深川 暁生  21.藤森 友康 18.御旅屋 良   22.古賀 修平 19.由野 正剛  23.阿部 達也 <交代> 後半 27分 大澤 → 安藤    33分 久富 → 古賀        居原 → 宮地      吉本 → 阿部    41分 中山 → 御旅屋 <試合経過> リーグ戦第6節は昨年の順位決定戦で戦ったライオンでしたが、スコアは14-55と悔しい敗戦となりました。 トップリーグ経験者がずらりと名を並べるライオンは個人能力が高く、前半立ち上がりからバックスの 速いパス回しとスピードで苦しめられる展開が続きました。それでも自陣ゴール前でライオンのパスをインターセプトした露木が50メートルを走り一気に敵陣22メートル付近まで攻めこむチャンスがありましたが、得点につなげることができず、その後も風上のポジションを活かし、敵陣への入ることを試みますが、ゴールラインまで遠く、トライまで結びつけることができませんでした。 前半はセットプレーから突破を許し2トライを許し、前半終了間際に追加点を奪われ、22-0で折り返しました。 後半に入り、追加点を許す展開になりましたが、後半25分にはゴール前で得たスクラムをフォーワードが 押し込み、ペナルティトライを奪います。その後、連続攻撃で敵陣に攻め込む場面が幾度もありましたが、 スコアにはつなげられず、カウンターやターンオーバーから追加点を許しました。 最後の意地を見せたいWINGSは、ペナルティから連続攻撃を重ね、最後は荒木が相手2人を引きずりながら トライを奪い、ゲーム終了となりました。 遠方にもかかわらず多くのサポーターの方にご声援いただきました。応援ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

298 views