• DAF

『くせ毛』をちょっとだけ伸ばしながらトリートメント!「ストトリ」登場

最終更新: 2019年12月25日


みなさんこんばんわ!

このブログのお馴染みの管理人のだいすけです!

僕は神奈川県茅ヶ崎市・湘南で美容院の代表・そしてスタイリストとしても従事させていただいています。

お店の名前は『 HAIRDRESSERS DAF

ヘアードレッサーズ ダフ」 だと覚えにくいので 

ダフヘアー 』って覚えてください。

そんな当店『ダフヘアー』で以前の記事でも1度お伝えしたのですが、今年最初の新メニューに考えていた製品のサンプルテストをしたので結果を報告して見たいと思います。

他にはない面白い製品なので、くせ毛でお悩みの方髪の艶をより良くしたい方は必見です!

ちなみにどんな商品?かを書いた前回の記事は→こちら

前回の記事を読んでない方のために前回のおさらいを記述しておきます。

今回テストした商品はこのアシッドシェーパーと言う名前の薬剤です!

この商品の最大の特徴と効果は!

トリートメントなのに髪のクセを30%〜50%伸ばす事が出来て、今までよりも髪を扱いやすくすることができるのです!

縮毛矯正やストレートパーマではありません。

このアシッドシェーパーは基本トリートメントなので髪の毛にダメージを与えることはありません。

誰でも施術することができます。

さらに、カラーリング・パーマとの併用も問題なく可能です。

効果はもちろんトリートメントなのですが、少しほかのトリートメントとはシステムが違います。

髪の表層にある2つの結合を日本初上陸で海外では主流の「グリオキシル酸」の効果によって切断します。

この結合の1つに「イオン結合」と言うのがあります。

このイオン結合の歪みがクセの原因と言われているのですが、イオン結合の歪みを解消することでクセを和らげ扱い安い髪へ導くことができます。

カラーやパーマによってダメージを受けると髪の表面のキューティクルが剥がれ落ちます。

これが髪がツヤを失う原因の1つになります。

そのダメージを受けて剥がれ落ちてしまったキューティクルを整え美しいツヤを引き出します。

この2つの効果でクセやダメージによる広がりにアシッドシェーパーはアプローチします

従来のトリートメントでは感じることが出来なかったツヤ・おさまり感・ハリとコシを感じることが出来ます。

同時にスタイルのクオリティを高めることができるトリートメントです。

アシッドシェーパーはこんな時こんな使い方ができる商品です!

・全体的にクセ毛!でも縮毛矯正でボリュームがペッタンコになるのは嫌

・顔まわりや襟足のクセがちょっと気になる

・少しボリュームダウンしたい

こんな方には最適です!

このアシッドシェーパーはストレートパーマとは違います。

クセの歪みを和らげることで扱い易くするだけです。

その効果として30%〜50%程度クセを伸ばす効果があります。

強いクセがある場合は縮毛矯正をおすすめします。

あくまでも扱いやすくです! クセをしっかり伸ばしたいならやっぱり縮毛矯正なわけです。

さらにこんな使い方も

トリートメントだからダメージレス! だからあらゆるメニューにプラスすることでデザイン・質感のクオリティを高めることが出来ます。

・アシッドシェーパー+カラー

<キューティクルを引き締めてツヤ・色持ちもアップさせながら扱いやすい髪質へ>

・アシッドシェーパー+ダブルカラー

<ブリーチとの組み合わせもバッチリです!ダブルカラーなどのハイダメージ部分もしっかり補修し毛先のビビリも防ぎます。>

アシッドシェーパー+パーマ

<不要なボリュームのクセを引き締めながらハリ・コシをアップさせながらより美しいカールを実現させます。>

この様にパーマやカラーと組み合わせることが出来ます。

もう少し解説を付け加えると

アシッドシェーパーは本当にツヤがよく出ます。

髪の表面の結合を綺麗に整えることによって光の反射が良くなり、ツヤを生み出すことができるわけなのですが

クセもなく元々綺麗な髪の方は通常のサロントリートメンで十分です。

ですが

クセ毛の方や縮毛の方の場合、髪が傷んでいないのに元々ツヤがないのは光の反射が悪いからです。

ガラスを思い浮かべて見てください!

透明なガラスの表面はツルツルして光をまっすぐに通すからツヤツヤで綺麗に見えます

すりガラスは表面がザラザラしているため光が乱反射してしまうので曇って見えます

髪もこれと同じで表面がザラザラだとツヤがなく見え

ツルツルだとツヤツヤに見えます

クセ毛の方はアシッドシェーパー+カラーをすることで

クセの原因であるイオン結合のねじれを解消しながら髪を補修することで、今までのサロントリートメントよりも綺麗なツヤを出しながらクセを扱い易くします。

そして僕がすごく良いなって思ったのが、アシッドシェーパー+パーマの組み合わせ!

通常パーマをかけると髪はツヤを失いがちです。

髪質が綺麗な方は比較的ツヤの減少は少ないのですが。

クセがあったり、少しちぢれた髪質の方だとそのツヤの減少は大きくなります。

やはりこれも髪をパーマの力で曲げた事によって光の反射が悪くなった事が原因です。

当然、ストレートヘアーの方がツヤが良く見えます。

・せっかくパーマをかけたのに毛先が傷んでクシャクシャになった

・スタイリング剤を多くつけないとまとまらない

・髪にコシがなくてカールがダレる

・単純に見た目が汚い

・毛先にはパーマが欲しい・でも根元のくせが気になる

・クセとパーマのカールが混ざって扱いにくい

・もっと上のデザイン性とクオリティを求めたい

こんな方には最適だと思います。

通常パーマをかけた後にストレートパーマをかけると、もちろんパーマは落ちます。

でもアシッドシェーパーは働きかける所が違うためカールダウンさせません。

パーマがとれてしまう事がないため、同時にやる事でワンランク上のスタイルを作る事ができます。

根元のクセを抑えながら毛先にハリとコシとツヤを与える事によって、毛先までプルンっとしたカールを再現できます。

ではストレートパーマ(縮毛矯正)・アシッドシェーパー・トリートメントの効果の違いを簡単にまとめてみます。

<ストレートパーマ>

持ちの良さ◎ ダメージ✖️ 施術時間✖️クセを伸ばす力◎他施術との相性✖️

<アシッドシェーパー> 

持ちの良さ◯ ダメージ◎ 施術時間✖️ クセを伸ばす力◯他施術との相性◯

<トリートメント> 

持ちの良さ△ ダメージ◎ 施術時間◎ クセを伸ばす力✖️ 他施術との相性◎

これを見てもらえればわかると思いますが、アシッドシェーパーはちょっとストレートパーマの効果を足したトリートメントなんですね。

どっちつかずと言えばその通りなのですが、お客様によってはかなりフィットすると思います。

簡単に説明するはずだったのですがつい長くなってしまいました・・・

このメニューは当店でまだ正式にメニューとして初めていません。

僕も使った事がないのでその効果や実際に使って見ての感想、体感がないので今テストをしているところになります。

今の時点で数人に試させていただいたのですが、結果はなかなか良い感じです。

確かにクセが少し伸びます。

そしてめちゃくちゃツヤが出ます。

質感はハリとコシ出るため柔らかくしっとりする感じではないですが、サラサラして表面はとても滑らかな質感にまとまります。

この前、何度かこのブログにも出てもらっているお友達の女性に協力してもらい、実際に使用して見て写真を何枚か撮らせてもらったので紹介したいと思います。

では早速テストの結果を見てください。

最初の髪の状態はこんな感じでした、朝お店に来た時のままの状態です。

多分、自宅で少しブローして来たとは思うので状態的にはいつもの感じがこの写真の様な状態です。

簡単に髪の状態を説明します。

以前の記事で彼女の事をブログで書いたのですが、去年まで彼女はロングヘアーだったのですがバッサリ肩上のボブにカットしました。

そのため、特に傷んでいた毛先も綺麗になくなったためカラーリングのダメージはありますが、髪の状態は比較的健康です。

ただしウネル様な波状のクセはあまりないのですが、ちょっと縮れた様なクセがあります。

アップの写真を見てもらうとわかるのですが、髪の表面が毛羽立ってるみたいになっていてツヤがないですよね?

クセにも色々な種類があります。

これもクセの一種で、このタイプの方はかなり多いです、あまりクセがないのにツヤがない方はこのタイプの方が多いと思います。

今回の場合、アシッドシシェーパー+イルミナカラーをしていきます。

このイルミナカラーはとても低ダメージで透明感抜群のカラー材です! 通常はおしゃれ染めなのですが白髪の量や明るさなどによっては、このイルミナカラーで白髪もおしゃれ染めの高彩度な仕上がりで一緒に染める事ができます。

この組み合わせはかなり良いはずなのですがどうなるでしょう?

使う材料はこんな感じです! 意外と色々なお薬を使います。

みなさんは美容師さんではないですが、せっかくなので僕たちの仕事の事を知ってもらいたいのでまた簡単に説明を・・・

まずは、髪の状態を見極めて傷んでいる毛先に写真右上のスプレーをシュッと吹きかけます。

さらに特に傷んでいるところに写真左の大きな容器のクリームをうす〜くなじませます。

これは何をしているのかと言うと

実際に施術に入る前に髪の状態を均一にする作業です。

根元と毛先ではダメージレベルが一緒ではないので、薬の反応に偏りが出てしまいます。

そのため、ダメージの大きい毛先の方にはスプレー+クリームでしっかりと不足しているタンパク質を補い。

ダメージが毛先ほど無い、中間はスプレーだけで。

根元は大丈夫そのまま。

この様に、一次的にでも均一な髪の状態を作ってから施術する事で、薬の反応を均一化し根元から毛先まで綺麗な状態になる様にしてます。

これはカラーの時もパーマの時も同じ様に前処理をしてからやります。

この前処理をしっかりしてから施術の開始です。

写真中央に30・50と書いてあるチューブがありますよね?

これがアシッドシェーパーです!

数字の大きさがクセを伸ばす力の大きさです!

30より50の方がしっかりクセを伸ばす事ができます!

この髪をより綺麗にするにはうねりを抑えることよりも、髪表面の凸凹を均一に伸ばすことで綺麗になるタイプの髪だと判断したので、髪全体に30番塗布することにしました。

前髪だけ少しウネルクセが強かったので50番を使用しました。

これは30でも50でも髪へのダメージはありません! だってトリートメントですからね!

ただ髪が伸び過ぎることによって髪本来の柔らかさなどを失いたくなかったために今回は30です。

お薬を全部塗った状態がこんな感じです。

美容院ではおなじみの光景ですね 笑

このままラップをして15分~〜30分程度時間をおきます。

この間は放置時間を取るメニューの時に当店で出しています、3種のフルーツティーまたは4種のコーヒーを飲みながらおくつろぎください。

そして、アシッドシェーパーを流して1度乾かした状態です!

見た目そんなに変わってないですね?

いやいや、写真だとあまり違いに気づかないですが

うねりも少しあったのですが乾かすだけで綺麗なストレートになってます。

髪表面の毛羽立ちも少し収まってツヤも出ています。

ただし、カラーが明るくなりましたね?

光の加減などもあると思いますが、アシッドシェーパー後はメーカーのガイドにも褪色することがあると書いていました。

だから先にアシッドシェーパーをして、髪に色や状態を確認してからカラーをして行きます。

これもあまりわからないかも知れませんが、やはりアップで見ても一枚目より全体的に状態が向上したと思います。

これからカラーリングをして来ます!

今回はリタッチです!

リタッチで根元の伸びたところを染めて行きます。

そして今回はダメージを考慮して根元しか染めません!

中間・毛先にはカラー剤を塗布しないで染めて行きます。

アシッドシェーパーで褪色してしまったところは?そのまま?

いいえ

あとでちゃんと毛先の方にも色を入れて行きますよ〜

色の入れ方にも何種類かの方法があります。

しっかり色を入れたい場合はカラー剤を塗って時間をおくのですが、この場合毛先にもしっかりダメージを与えてしまいます。

しかし彼女の場合は毎月必ず染めにきてますし、ほぼ毎回おまかせでやらせてもらっているので今回は、シャンプー台でのCMC乳化と言う方法で髪に負担をかけない様に色味を足して行きます。

詳しくは解説しませんが、髪についてるカラー剤とか塗ったときに余った薬を加水分解コラーゲンって言う液体と、さらに今回は暖色系の色味を使っているので、ヘマチンって言うこれも同感じの液体を混ぜ合わせて髪に揉み込んで行くと

はい! ちょっと色味が入ります。

これだとダメージも最小に色味が蘇ります。

ですが、次回の染めまで期間が空くかたにはオススメしません。

CMCを使うことによって髪の表面の奥の方に色味を押し込む効果があるのですが、やはりしっかり毛先にもカラー剤を塗って染めた場合よりも色落ちが早くなってしまいます。

来店スパンが短い方にはこんな感じで当店は他のお客様にも施術させてもらってます。

もちろんこの施術は無料でやらせてもらいます。

さて今回はカラーのお話ではないのでここまでにして・・

カラーのシャンプーも終わって今度はアシッドシェーパーの最後の工程のアイロン処理をした後になります!

髪の色も綺麗になりましたよね?

こんな感じにちょっとのダメージで色味を復活させる技術もあります。

色味を少し変えて雰囲気を変えたい時などにも有効な技術になります!

上記で書きませんでしたが、そうなんです縮毛矯正の様に最後にアイロン処理をして完成です!

縮毛矯正の場合だと、この後からまた2液を塗布し完成なのですが

アシッドシェーパーの場合はここで完成です!

アイロンで最後に伸ばすことで、最初に切断したクセの原因と言われるイオン結合のねじれを解消し、アイロンの熱によって綺麗な状態で再結合させます。

縮毛矯正の場合は、もっと強いシスチン結合を切断することによって凄くまっすぐなストレートヘアーにするのですが、強力な分髪へのダメージがでかくなります!

そしてそのシスチン結合を再結合させるために2液を使うのですが、これによって髪は大きなダメージを受けてしまいます。

この辺りが、アシッドシェーパーとストレートパーマの違いになります。

写真はアイロン処理後なので当然、綺麗な状態です!

ツヤもありますし、見るからに美しい髪です。

この施術はここまでで

この状態のままお客様にはお店から帰っていただくのですが

帰っていただく日は当然アイロン仕上げで帰宅なので綺麗なのですが

翌日シャンプーしたら、アシッドシェーパーをやる前の状態に戻ってしまうんじゃないの?って思われますよね?

だから、用意しました!

このあと再来店していただき写真だけ取らせてもらいました!

アイロン後の状態には勝てませんが・・・

この状態で、再来店していただきもちろんサービスでシャンプーさせてもらい、ブワ〜っと適当に乾かした状態がこんな感じです!

最初に比べるとツヤ感もまとまりもかなり良くなりましたね?

アップの写真は良く分かりますね。

表面の毛羽立ちがかなり抑えられしっとりした感じになりました!

手触りもかなり良かったです!

触っててこっちが気持ち良いくらいです。

このアシッドシェーパーの施術時間はおよそ90分程度になります。

そしてどのメニューにも組み合わせることできます。

一応言っておきますが、ストレートパーマとトリートメントの組み合わせは効果がダブってしまうので意味がないですよ・・・

そして効果はおよそ1ヶ月〜2ヶ月です

これはクセの強さや髪の状態にもよります!

専用のホームケアトリートメントも別売りになりますが用意する予定です。

これは、お好みで良いのですがより良い状態を長く保ちたい方は購入してください!

僕も使いましたがかなりの補修力があります。

本当はアシッドシェーパーをやられた方にセットでつけてあげたかったのですが、かなり物が良いため少量50mlなのにお値段が1800円ほどします・・・

このホームケアトリートメントをつけることにより、アシッドシェーパー自体の料金を上げることになってしまうので、このメニューでは別売りという形にしたいと思います。

特に髪が傷んでいる方は是非使ってみてください! 

めちゃくちゃ良いですよ。

まだ正式決定ではないですが5000円前後でのご案内になると思いますので、興味がある方はぜひお問い合わせください。

ただまだ正式にメニュー化してないので今後も、違うタイプの髪でテストをもう少し重ねてから正式にどうするか決めたいと思います。

「いつもサンプルのテストや、僕の練習台になってくれてありがとう〜!」

「たまに実験台にして失敗することもあり迷惑もかけますが、今後もよろしくお願います。」

そんなわけで今回の記事はトリートメントなのに髪が扱いやすくするアシッドシェーパーの紹介をしました。

このブログを読んで気になった方は是非お声かけしてください!

もしかしたら僕の実験台にあなたもなれるかも・・・笑

冗談です・・

でも本当に興味があったら教えてください!

正式メニューになる前ですが、髪質にもよりますが施術させていただきます!

では今回はここまで

またね〜!

と思ったのですが、またお客様にサンプルテストをさせて頂いたのでちょっと紹介します。

これが施術前の状態です。

やはり表面がアップで見ると毛羽立ってますね。

今回のテストさせて頂いたお客様の髪質は正直かなり良いです!

綺麗な髪の方に使用するとどうなるのか?

もう少し状態を解説すると

実際アップで見ないと本当に綺麗な髪の方です。

ですが、高頻度では無いですが、アイロンやコテの使用をするみたいなので、触って見ると髪のタンパク質が熱で硬化している状態です。

僕たち美容師さんは熱変性とかタンパク質変性なんて読んだりします。

この熱によるダメージはパーマ液やカラー剤でのダメージとはちょっと違います。

卵の白身やお肉のように、タンパク質は熱を入れると硬くなります、これは髪の毛も同じです。

アイロンやコテの使用頻度が多かったり、高温で同じところに当て続けたりすると髪は熱変性を起こしてしまいます。

多くの場合、熱変性を起こした髪は、硬くなり・パサパサになり・ビリビリになり・ゴワゴワします 笑

しなやかさ・滑らかさ見たいなのが抜けてしまう感じです。

そんな状態の髪はどう変わるかな?

前回同様、髪のダメージレベルに合わせて前処理をしてから、アシッドシェーパー を塗布します。

そして一気に完成!

すごくマッタリとした感じになりました。

そしてツヤツヤです。

とても滑らかな質感になり、元々綺麗な髪質でしたがダメージでパサパサになっていた毛先の毛羽立ちが収まって、より良くなった印象です。

写真だと伝わらないですが、見た目はかなり良いと思います。

ですが、手触りの方は

熱変性による髪の硬い感じが全ては抜けきれて無い感じでした。

もともと、アシッドシェーパー はハリとコシを与えるタイプのトリートメントです。

柔らかさ・しっとり感が好きな方は普通のサロントリートメントの方が好みに合うかもしれません。

見た目の良さはアシッドシェーパー

質感の良さはサロントリートメント

かな〜って感想です。

その時の状態によってどっち選択ががベストなのか、お客様との相談ですね。

以上です。

もうそろそろメニュー化しようと思うのですが、もう少しだけ試させてください。

でもブログを読んで興味がある方はご連絡ください!

またね〜!

2月11日 追記

こんにちわ!

先日、またお客様に「アシッドシェーパー」のテストに協力してもらったので紹介します。

今回のお客様の来店時の状態はこんな感じでした!

かなりクセがあります。

そして、僕が担当させていただく以前は縮毛矯正をされていました。

そのため、まだ毛先に以前かけていた縮毛矯正が場所により中途半端な状態で残っています。

以前はこのクセが嫌で、縮毛矯正をしていたのですが

・縮毛矯正をした後のボリュームがなくなってしまう

・不自然すぎるストレート感

・髪が大きく痛む

・コスパが悪い

など、縮毛矯正の悪い面と良い面

・クセがなくなりサラサラストレートヘアー

・ツヤが出る

・広がらない

・持ちが良い

などを考慮した結果、『縮毛矯正をやめてクセを生かしながらフワッと軽やかなボリュームのあるスタイルへ変更して行きましょう!』

って事だったのですが、やはり1度かけると簡単には取れない縮毛矯正・・・

中途半端に残っていると、スタイルを変えていく過程がツライ・・・

そんな訳で、縮毛矯正をやめて、毛先の縮毛矯正が無くなるまでの過程はこの「アシッドシェーパー」で試してみようとなりました。

いきなり結果です ど〜ん!

凄い良くなりました・・・

驚きました。

後頭部辺りが1番クセが強かったのですが、凄くナチュラルな感じになってますね。

この状態は、アシッドシェーパーを洗い流した後、白髪染めをしてベースカットをした状態です。

色が綺麗になったためツヤ感が上がってる事もありますが、表面がツヤツヤしてアシッドシェーパー 特有の髪表面の毛羽立ちなども収まっています。

カットもまだ梳いたりしてなく、重い状態なのでツヤ感があります。

ちなみに、髪は梳けば梳くほど艶っぽさが失われます、ストレート系の面を出す様なへアースタイル場合は重めがおすすめです!

動きを出す様なヘアースタイルはショートでもロングでも軽めに梳くと動きが出しやすくなります。

この後はドライカットしてアイロンでもっとまっすぐに伸ばして終わりなのですが、今回のこの写真はその前の段階です。

アイロンを入れたほうが当然もっと良い状態になるのですが、前記した様にもう1度来店していただかないと、本当のもっと良い状態を確認する事ができません・・・

でも、アイロンを入れてなくてもこの写真を見ていただければ、十分な結果だと思います。

そして今回は、伸ばす力の強い方50番の方を使用して見ました。

50番かなりクセを伸ばす力がありますね

思っていたより正直クセが伸びました。

ボリュームも根元が潰れる事なく、自然にふんわりしています。

お客様も喜んでいてくれていたので、次回の来店時にまたこれからどうするか相談したいと思います。

アシッドシェーパーはメーカー曰く、1ヶ月〜2ヶ月くらい持つ様です。

お客様自身の髪のケアの仕方などにもよると思いますが、専用のホームケア集中トリートメントも別売りであります。

このアシッドシェーパーの持ちの良さによっては、この商品かなり良いものにもなるし、悪いものにもなります。

今後、試させてもらったお客様の経過を観察していく必要もあるかと思います。

う〜ん1ヶ月しか持たないと相当、維持するのにお金がかかってしまいますね・・・

それなら縮毛矯正の方が年2回程度の方ならコスパが良くなります・・・

商品の良さや効果はかなり分かってきました、後は・・・・

そんな訳で

興味のあるかたもう少しお待ちくださ〜い!

またね〜

#いろんな情報 #縮毛矯正

2,968回の閲覧