Search

#01 はじめに

 

 

はじめまして、COLLATE代表 兼 デザイナーの中田一葉(なかたかずは)といいます。

 

私はこの場を通じて、商品開発において特に、『商品企画』や『販売促進』に新たに携わる方に向けて、私の経験や知識を共有していきたいと思っています。

 

今回は1回目ということで、私の自己紹介をしていきます。経歴は、ざっくりこんな感じです。

 

 

私は、医療機器・医薬品メーカー テルモ株式会社のデザイン部署にて、約7年間在籍していました。

 

社内の工業デザイナー(商品の形を作るデザイナー)として、商品・パッケージデザイン開発を3年経験しました。その後に、ヘルスケア商品・栄養食品の商品広告・販売促進の責任者として、販売目標を達成するためのコミュニケーション施策立て・実施を行いました。具体的にいうと、商品カタログ・WEB・映像・展示会など、広告全般の制作に4年ほど携わりました。

 

さらに、景品表示法(消費者に対して、商品やサービスの品質、内容、価格等の表示を偽らないようにする法律)の責任者も兼任し、社内への啓発活動や相談も受けていました。

 

 

ここを訪れてくれたということは、商品の設計や開発〜販売まで、どこかに携わっている方だと思います。と同時に、会社に入社したばかりで任されたり、あるいは急な人事異動の理由で、『商品企画』あるいは『販売促進』の担当者になった人も少なくないはずです。

 

  • 初めての仕事で経験も無く、漠然と不安…

  • どこからどう手をつけていいかわからない…

  • 努力しているけど、仕事でどうしてもうまく行かない…

  • 周りに頼れる人が全くいない、少ない…

  • 社内にノウハウがまとまっていない…

  • もっと自分のスキルを高めたいけど、やり方がわからない…などなど

 

 

 

 

このような悩みや不安に対して、私が少しでもお力になれるかもしれません。なぜなら、私は大手企業で『デザイナー、商品開発、商品の広告・販売促進』の経験を持っているので、商品開発から販売までに、みなさんが抱えている(あるいは抱えるであろう)問題に対して、色々な角度からアドバイスできると自負しています。

 

 

ちなみには、このような流れで、全30回に分けてコラムを配信予定です!!

 

 

  • 商品開発、商品広告・販売促進の業務を通して感じたこと

  • 新人が心がけるべき「信頼関係の土台づくり」

  • 商品開発〜発売まで流れ

  • 商品企画・販促企画の役割と必要なスキル

  • ド素人から仕事ができる人になるために、今すぐ始める3つのこと

  • 新人が戸惑いやすいことと、その対処法

  • 社内のデザイナーをうまく活用し、最大パフォーマンスを発揮させるコツとデザインの判断方法

  • 仕事に少し慣れてきたら(2〜3年め)、+αでやること

  • 外部の制作業者をうまく動かし、費用を抑えるコツ

 

 

また情報量としては、毎日読むと1ヶ月くらいで理解できる内容ですが、自分の業務で実際に使いこなしてプロになるには、お察しの通り、読んだだけでは成果がでません。

 

大手企業の場合だと、分業体制がほとんどなので、世間一般で言われているように、仕事を一通り理解するだけでも、2〜3年かかると言われています。

 

 

長過ぎるよ。。。と感じた方いますよね??

 

 

ですが、安心してください!!先程の内容を全て理解し、自分の社内プロセスと擦り合わせながら、アドバイスを実践してもらえば、新人であっても成果が出せるはずです。

 

 

なぜなら、知識ゼロのド素人で、口下手・説明下手だった私でも、コツを知って努力すれば、関係者から積極的に協力を得られたからです。さらには、事務系の部門では稀な「プラス評価」を2年めにもらうこともできました!

 

 

最後に、私のモノづくりの知識や経験が、『商品企画』や『販売促進』に新たに携わる方だけでなく、商品開発に携わる多くの方々の参考になれば嬉しいです。またこの場が、みなさんのやる気やモチベーションに繋がれば幸いです。

 

181 views