あなたはどっち派?? キットと完成版の違いについて

 

 

FEDECA『折畳式料理ナイフ』は、 もともとナイフキットとして販売している It's my knife foldingのコンプリートモデル(完成版)になります。

 

It's my knife Folding easy

 

折畳式料理ナイフ

 

基本構造は同じですが、一番大きな違いは商品コンセプト。

キット: ハンドルを削って作るナイフキット。カスタマイズを楽しむこだわり派向き。 完成版:ナイフ初心者から楽しんでいただけるよう設計。メンテナンスの手軽さを重視。

 

またそのコンセプトに従い、鋼の素材を変えています。

キット:青紙二号(炭素鋼) → 硬度が入るので長切れし、靭性があり研ぎやすいため本職に愛される鋼材。錆びやすいのでケアが必要。黒錆び加工が楽しめます。

完成版:銀紙三号(ステンレス鋼) → 青紙二号に比べ硬度がやや劣る。一方、錆びにくいので日頃のメンテナンスが手軽です。

切れ味を維持するために炭素率が高く完全に錆びないというわけではありませんが、純粋な炭素鋼と比べたときに歴然とした錆びにくさがあるため、料理包丁としてお酢や柑橘類など酸味の強い食材を扱う場でよく使用されています。

家庭用ステンレス包丁で流通している安価なステンレス鋼とは異なり、錆びにくさと長切れのバランスが取れた材料です。

 

そして、ハンドル材にもこだわりが。

 

キットに使用しているブナ材。

色を塗ったり、ウッドバーニングを楽しんだり、カスタマイズを楽しめる白い木肌、

オイルや蜜蝋仕上げで経年変化を楽しめるところ、そんな所が気に入って採用をしています。

そして昔から大工道具に使用され剛性があるところも信頼がおけるポイントですね。

 

一方で完成版は、さまざまなオーソドックスなデザインから尖ったデザインのラインナップを用意して、

個性を重視しています。

 

なお、基本構造は同じなので、パーツに互換性がありますので、完成版をキットのパーツを用いてカスタマイズすることもできます。

 

以上、キットと完成版のコンセプトの違いをご紹介しました。

皆さんは「こだわり派」「お手軽派」どちらを選びますか??

410回の閲覧