マナビダイスキ顧問の皆さんって、こんな人です

マナビダイスキの立ち上げにあたって、自然(じねん)経営の第一人者・武井浩三さん、新しい教育のあり方を愛情と熱意を持って実現しようとされている安藤大作さん、そしてAIやトランステックなど進化するテクノロジーと人の生き方を発信するジャーナリスト・湯川鶴章さん、このお三方が顧問を引き受けてくださいました。


自分を知り、自分らしく、変化しながら自然(じねん)に生きていくこと、急激に進化するテクノロジーの自分への影響を知る、やりたいことにテクノロジーがどんな風に使えるかを知ること、これらは「自由な学び」を促がすとても大事な要件になると思います。

また、大きな変革期を迎えつつある教育制度は、子供達が多くの時間を過ごす環境づくり、そのもの。その動きを知り、ジブンゴトとして何をするのか、そんな問いかけも常にしていきたい。

そんなマナビダイスキの思いに、応えてくださる皆さんです。


マナビダイスキのイベントで、いろいろなプロジェクトで、この顧問の皆さんと、マナビダイスキコミュニティの皆さんが、共に議論し、考える機会もたくさん創ります。

それぞれの人柄もお伝えしたいから、代表理事・小関昭彦が他己紹介します!



武井 浩三 さん

ダイヤモンドメディア株式会社 代表取締役 一般社団法人自然経営研究会 代表理事 国土交通省 アドバイザー 不動産テック協会 代表理事 自然経営(自律分散型経営)の日本における第一人者。マナビダイスキ「自然運営」のスペシャルアンバサダーに。


(他己紹介)

武井さんとは「せたコン」をはじめるときに知り合って、フットワーク軽いし、イイカンジの雰囲気で、裏表がない感じなので、思ってた以上に仲良くなって、ぼくも自然経営研究会にも参加するようになりました! ぼくたち2人はクリエイターっぽいところが似ているみたいだけど、彼は見かけによらずとても勉強家で、興味のある分野の本などはガッツリ読んで勉強しているみたいだし、自然経営をトコトンまで掘り下げようとしているところが、スゴイと思っています!


・ダイヤモンドメディア株式会社 https://www.diamondmedia.co.jp/

・自然経営研究会 http://jinen-management.org/

・KOZO TAKEI'S BLOG http://kozotakei.tumblr.com/



安藤大作さん

公益社団法人全国学習塾協会会長、全国塾コンソーシアム協議会幹事長、民間教育団体連絡協議会幹事長、元公益社団法人日本PTA全国協議会副会長、株式会社Believe代表取締役、社会福祉法人むげんのかのうせい理事長、株式会社AIP代表取締役、株式会社スタディプラス社外取締役


(他己紹介)

安藤さんは、なんか肩書きに漢字が多くて物々しい感じですが、実際にはスンゴクイイカンジで、大胆かつ繊細な細やかさと優しさを併せ持った、愛と包容力に満ちたナイスガイだと思います。 あるイベントで一人だけスライドなど何もなく身ひとつで登壇されて、生い立ちからご自分のストーリーをオープンに話されたことに感動し、初対面でビリビリっと共感し合いました! 大学卒業後すぐに、郷里の伊勢でひとり私塾を立ち上げて、スゴイ塾にして、現在は、中立的な立場で、日本の子どもたちの無限の可能性を生かすための活動をされています!


・安藤大作ホームページ http://www.believe.jpn.com/ando/

・安藤大作さんインタビュー記事(by コエテコ)https://coeteco.jp/articles/10181



湯川鶴章さん

ITジャーナリスト。きまぐれAI新聞編集長。海外生活が長かったからか、ちょっと変な人。趣味はヨガ、瞑想、サウナ。妻が美人なのが自慢。


(他己紹介)

湯川さん、というか普段はつるちゃんと呼んでいますが、心の友という、珍友でくまのプーさんのような風貌とホンワカとして雰囲気をもっています。 がしかし、長年、時事通信の敏腕記者!?として米国のIT産業を取材して、帰国後TheWave湯川塾という私塾を立ち上げ、ITからAI、ブロックチェーンからヨガ、マインドフルネスまで先端技術から精神世界までの幅広い分野の取材してきた情報量と独自の解釈には、時代のあさってを予見する先見性があるかもしれません。とくに本人はヨガや瞑想をこよなく愛し、最近はTransTechという誰もが簡単に劇的な生産性と幸福を得ることができる可能性がある、という分野に注目しているようです。


・The Wave 湯川塾  http://thewave.teamblog.jp/

・湯川さんが編集長の「AI新聞」 https://aishinbun.com/