「門出の場」としての歩廊をつくる

株式会社リクルートスタッフィング情報サービスの採用・研修センターのデザイン

株式会社マチカラは、株式会社リクルートスタッフィング情報サービスの採用・研修センターの空間デザインを手がけました。

株式会社リクルートスタッフィング情報サービスは、ITエンジニア創出を軸とした派遣事業を行う会社です。このスペースは、新たな分野でスタートを切りたいと考える若者の採用と、研修、育成を行う場としての役割を持ち、年間500人以上のIT関連職従事者を送り出します。

行き交う場所、留まる場所、働く場所

この場所で最大の特徴となるのが、採用の面談に来る人、研修に来る人、働く人の3パターンの人が訪れる場所であることです。

期待と不安を胸に面談に1人で訪れる人の待合スペースであり、研修を受ける人が合間に落ち着いて休憩をしたり、社員同士で情報共有をするスペースでもあります。それぞれが異なる想いを抱えながら居心地の良い場所としてつくるため、長い廊下状のスペースと大きなポケットのようなスペース、小さいニッチを一体的につくる歩廊としました。

THE GATE WAY PLACE 「門出」をつくる

新たな分野へ羽ばたこうとする若者のはじまりとなる門出の場として、アーチを表現に取り入れました。

このアーチは、ニッチとして留まるスペースであり、本が置かれ興味を深めるスペースであり、ゲートとして次の部屋に向かう境界となっています。

白い穏やかな歩廊のアーチ部分に手触り感のある木や特徴的な色を入れ込むことで、これから新しい仕事のはじまりを目指す人、さらに知識をつけステップアップを目指す人、加えて橋渡しを担う社員の方々が、それぞれの体験を通して、門出が意識される場になることを目指しています。

その他の写真はこちらをご覧ください。

・株式会社リクルートスタッフィング情報サービス

 https://www.rs-is.co.jp

クライアント:株式会社リクルートスタッフィング情報サービス

プロデュース:株式会社マチカラ

空間デザイン:上野 正明 (MACHIKARAworks)

グラフィックデザイン:吉田 素子 (MACHIKARAworks)

アートワーク:YUKI FUJITA

実施設計/内装工事:株式会社コスモスモア